日光東照宮:建築文化財

街道の空(ホーム)栃木県の街道日光街道日光例幣使街道壬生通>日光東照宮

日光東照宮:概要

元和2年(1616)江戸幕府初代将軍徳川家康が駿府城(静岡県静岡市)で死去すると遺言により一端久能山(静岡県静岡市:現在の久能山東照宮)に埋葬され翌年元和3年(1617)に日光に改葬(遺言に従うと御霊だけが日光に勧請されたはずですが、文献などからは遺骸が日光に運ばれたようにも記載されています。)されました。さらに翌年、朝廷から東照大権現の称号と正一位を与えられ東照社とし、正保2年(1645)には宮号を賜り、日光東照宮と改称しています。三代将軍家光は家康に対し特別な畏敬の念があり日光東照宮への参拝は19回に及び、寛永13年(1636)には社殿の大造営を行い現在に見られるような社殿群を建立しました。社殿は幕府の威信をかけたもので、当時としては最高の芸術家(絵画、彫刻)、職人(棟梁、石工、左官)や、贅を尽くした銘木や石材などが集められました。明治維新後に徳川家の聖地である事や、神仏分離令、廃仏毀釈運動、戊辰戦争などで破却や焼失の危険がありましたが、多くの人々が日光東照宮を惜しみ保存される事になりました。現在では多くの建物が国宝(陽明門・御本社・回廊)や国指定重要文化財に指定され、「日光の社寺」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されています。

日光東照宮:建築文化財一覧表

  名称 写真 建築年 文化財 その他
日光東照宮:三神庫 三神庫 [ 1 ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ] 寛永12年 国指定重要文化財  上神庫の屋根妻面には狩野探幽による下絵によって彫刻された「想像の象」が有名。
日光東照宮:五重塔 五重塔 [ 1 ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ] 文政元年 国指定重要文化財  初源は慶安3年若狭小浜藩主酒井忠勝によって奉納。現在の五重塔は文政元年に酒井忠近が再建。
日光東照宮:御本社 御本社 [ 1 ]・[ ]・[ ] 寛永12年 国宝  本殿・石之間・拝殿が一体化した権現造で、全国の権現造の規範となっています。日光東照宮の中でも中心的な存在。
日光東照宮:回廊 回廊 [ 1 ]   国宝  陽明門、御本社、祈祷殿、神楽殿、神輿社などを取り囲み、狩野理右衛門が下絵した彫刻が施されています。
日光東照宮:御宝蔵 御宝蔵 [ 1 ] 承応3年 国指定重要文化財  外壁が銅板張、黒漆塗りが特徴、御宝蔵の前には松平正綱、秋元泰朝の寄進の狛犬が安置しています。
日光東照宮:輪蔵(経蔵) 輪蔵(経蔵) [ 1 ] 寛永12年 国指定重要文化財  宝形重層造、花頭窓など仏教色の濃い建物。内部には八角形輪蔵が安置され、天海版一切経が収められています。
日光東照宮:神厩(三猿) 神厩(三猿) [ 1 ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ] 寛永12年 国指定重要文化財  「見ざる・言わざる・聞かざる」で有名な三猿の彫刻が施されています。運がよければ神馬に会うことが出来ます。
日光東照宮:鐘楼・鼓楼 鐘楼・鼓楼 [ 1 ] 寛永12年 国指定重要文化財  仏教色が濃い建物で、鐘楼・鼓楼ほぼ同形状で、対に配置されています。
日光東照宮:石鳥居 石鳥居 [ 1 ] 元和4年 国指定重要文化財  京都の八坂神社、鎌倉の鶴岡八幡宮の鳥居と共に日本三大鳥居の一つに数えられています。
日光東照宮:陽明門 陽明門 [ 1 ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ] 寛永12年 国宝  建物全体に様々な彫刻が施され一日中に見ても飽きない事から「日暮し門」の異名を持つ日光東照宮の象徴です。
日光東照宮:神楽殿 神楽殿 [ 1 ] 寛永12年 国指定重要文化財  二荒山神社の巫女、八乙女が神楽を奉納します。往時、八乙女は人の世襲制でした。
日光東照宮:神輿舎 神輿舎 [ 1 ] 寛永12年 国指定重要文化財  徳川家康、豊臣秀吉、源頼朝をそれぞれ祀った3基の神輿が安置されています。
日光東照宮:御水屋 御水屋 [ 1 ] 寛永12年 国指定重要文化財  飛龍の彫刻は、東照宮内の飛龍の中でも最高傑作とされ、手水鉢は元和4年に九州鍋島藩主が奉納。
日光東照宮:本地堂 本地堂 [ 1 ] 寛永12年 国指定重要文化財  仏教色の濃く日光東照宮の本地仏だった薬師瑠璃光如来像が祀られていました。鳴き龍天井が有名。
日光東照宮:眠り猫 眠り猫 [ 1 ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ] 寛永12年 国宝  名工、左甚五郎が彫り込んだと伝える「眠り猫」の彫刻が有名。裏に施された雀と対で平和の象徴とされます。
日光東照宮:鋳抜門 鋳抜門 [ 1 ]・[ ] 慶安3年 国指定重要文化財  奥宮を守る銅製唐門で、高さ3.4m、柱間2.5m、幕府御抱え鋳物師衛椎名伊豫の作とされています。
日光東照宮:奥宮 奥宮 [ 1 ] 天和3年 国指定重要文化財  徳川家康の墳墓で、銅製の宝塔が建立されています。日光東照宮最大の聖地として将軍以外は立ち入り禁止でした。
日光東照宮:表門 表門 [ 1 ]・[ ] 寛永12年 国指定重要文化財  仏教色の濃い建物。神仏習合時代には仁王像(阿形・吽形・像高約4m)が安置され仁王門と呼ばれていました。
日光東照宮:祈祷殿(上社務所) 祈祷殿 [ 1 ]・[ ] 寛永12年 国指定重要文化財  仏教色が濃く、往時は五大尊(本尊)が安置され護摩を焚いて天下太平を祈願したことから祈祷殿と呼ばれました。
日光東照宮:奥宮拝殿 奥宮拝殿 [ 1 ]・[ ] 寛永13年 国指定重要文化財  外壁が銅板張、黒漆塗りが特徴、奥宮の拝殿で将軍以外の昇降は許されませんでした。

スポンサーサイト


 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。