×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 会津城(鶴ヶ城)の城下町

   街道の空越後街道>会津城(鶴ヶ城)
会津五街道
 ・ 白河街道
 ・ 米沢街道
 ・ 越後街道
 ・ 二本松街道
 ・ 会津西街道
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
会津城(鶴ヶ城)の歴史: 会津城(鶴ヶ城)会津城は芦名直盛(芦名家7代当主)によって元中元年(南朝年)、至徳元年(北朝年:1384年)に築かれたのが始まりとされます。当初は黒川城と呼ばれ歴代芦名家の居城として異様を誇りました。芦名氏は戦国時代に南奥羽を制する大大名に成長し隣接する伊達領や上杉領にも進出する勢いがありましたが、数代に渡り幼少の当主を迎えた為、急速に衰退し常陸の大名で北関東を制した佐竹家に従属する事になります。天正17年(1589)、米沢城(山形県米沢市)の城主伊達政宗の会津侵攻により黒川城は落城、芦名義広は本家である佐竹家を頼り常陸へ逃れ南会津は一時伊達領となりますが、天正15年(1587)に豊臣秀吉が惣無事令を発令した後だった事もあり認められず、天正18年(1590)の奥州仕置きにより政宗は岩出山城(宮城県大崎市)に移封となり、会津には秀吉の家臣である蒲生氏郷が92万石で入封しました。会津地方は交通の要衝だった事から東北地方を治める拠点として重要視され氏郷は文禄元年(1592)に黒川城を大改修し名称も蒲生家出身の地名に因み「若松城」に改称し城下町も相応しい町割が行われました(その後「鶴ヶ城」に改称)。慶長3年(1598)、氏郷の跡を継いだ秀行は御家騒動の為、宇都宮城(栃木県宇都宮市)18万石に減封となり、変わって春日山城(新潟県上越市)の城主上杉景勝が120万石で入封しましたが、慶長5年(1600)の関が原の戦いで景勝は西軍(石田三成方)に与した為、米沢城(山形県米沢市)30万石に減封となり、蒲生秀行が60万石で復権します。会津城(鶴ヶ城)寛永4年(1627)、蒲生忠郷が跡継ぎ無く死去した為改易の危機となりますが忠郷の弟である忠知が特別に継承許され伊予松山城(愛媛県松山市)24万石に減封となります。替わって鶴ヶ城には加藤嘉明が43万5千5百石で入封、嘉明は鶴ヶ城の拡張や天守閣の再建などに尽力しています。跡を継いだ加藤明成も引き続き鶴ヶ城や城下町の整備に努めましたが寛永20年(1643)に御家騒動により改易となり、替わって2代将軍徳川秀忠の庶子で3代将軍徳川家光の異母弟である保科正之が23万石で入封、以後、保科(松平)家が鶴ヶ城の城主を歴任しています。慶応4年(1868)の戊辰戦争の際には奥羽越列藩同盟の中でも中心として新政府軍と激戦を繰り返し、鶴ヶ城も1ヶ月に渡る籠城戦後に開城、その後廃城となり多くの建物は破却されました。現在は若松公園として整備され「若松城跡」として昭和9年(1934)に国指定史跡に指定されています。

会津城(鶴ヶ城)の縄張り: 会津城(鶴ヶ城)会津城は梯郭式の平山城で、本丸を中心に北側には帯郭、内堀を経て北出丸、東側には二の丸、三の丸、西側には西出丸、南側は湯川(黒川)を天然の外堀に見立てられ、武家地を取り囲むように巨大な土塁と外堀が周囲を固めました。江戸時代当初の会津城には本丸には5層6階(蒲生家時代は7層)の天守閣の他に御三階櫓1基、2層櫓3基(茶壷櫓・月見櫓・干飯櫓)、帯郭に2層櫓4基(御弓櫓・北角櫓・弓櫓・西南櫓)、北出丸に2層櫓2基(北東角櫓・北西角櫓)、西出丸に2層櫓2基(西南角櫓・西北角櫓)が備えられていました。城門は本丸には表門(鉄門)、裏門、帯郭には廊下橋門、太鼓門、西中門、二の丸には南門、東門、北出丸には追手門、西門、西出丸には内讃岐門、西大手門が配されていました。

会津城(鶴ヶ城)の城下町: 飯盛山会津城の城下町は外郭と湯川(黒川)内部は略、会津藩士が住まう武家地で、その北側に商人町を設け、さらに商人町を取り込むように社寺が配置されています。商人町の中心である札辻は会津五街道とも称された、会津西街道(下野街道:会津城下〜日光街道今市宿)、越後街道(会津城下〜新発田城下)、米沢街道(会津城下〜米沢城下)、二本松街道(会津城下〜二本松城下)、白河街道(会津城下〜白河城下)の基点となり南方に会津西街道(下野街道)、西方に越後街道、米沢街道、東方に二本松街道、白河街道の街道筋が延びています。商人町は小路は方形状に区画されていますが中路は少しずつ道筋がずらされ敵兵が直線的な軍事行動が取れない工夫がなされ、街道筋の城下際には足軽屋敷、商人町の北側には寺院を厚く配置され防衛ラインを形成していました。郭内の北方の大路の際には蒲生氏の菩提寺である興徳寺、西方の大路の際には芦名氏の崇敬社だった諏方神社、郭外東方の大路には藩主の庭園である御薬園がそれぞれの防衛拠点として想定されていたと思われます。会津藩では由緒ある神社を調べ、諏方神社、伊佐須美神社、磐椅神社、蚕養国神社、心清水八幡神社、御薬園西村八幡宮を会津大鎮守六社として選定して篤く庇護し郭内に鎮座した諏方神社は城下の総鎮守、会津大鎮守六社の筆頭とされています。会津城の北東に位置する飯盛山の山中には宗像神社(厳島神社)が鎮座、別当寺院として正宗寺が祭祀を司り、会津城の鬼門鎮護として歴代城主から崇敬庇護され社運も隆盛し境内には様々な社殿、堂宇が建立されていました。明治時代初頭に発令された神仏分離令とその後に吹き荒れた廃仏毀釈運動により多くの建物が失われた中、旧正宗寺三匝堂(さざえ堂)などが残され威容を誇っています。歴代会津城主を務めた保科(松平)家は神道だった為、城下町には所謂菩提寺が存在しなく、初代保科正之は福島県耶麻郡猪苗代町見祢山にある土津神社境内に葬られ、2代保科正経から9代松平容保までは会津若松市東山町にある松平家院内御廟に葬られています。

街道の空(ホーム)

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県WEB観光案内所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:福島県」、「日本の城下町」、を参考にさせていただいています。